第63回 TOEFL®テスト公式問題集を使った勉強方法について質問です

Print Friendly, PDF & Email

 

1つの問題集を内容を覚えるぐらい何度も解いた方が良いのでしょうか。それともどんどん新しい問題にあたり、問題数をこなした方が良いのでしょうか。

 

ETS公認トレーナーからのアドバイス

TOEFL®テスト開発・運営団体である米国非営利教育団体ETSの公認トレーナーとして活躍されている先生方に、読者の皆様からよくいただくTOEFL®テストや英語学習に関する疑問質問にお答えいただきました。

新旧のバランスを

桜美林大学 五十峰聖先生 一度解き終えた問題でも、何度でも戻って復習する必要があります。特にListeningのレクチャー、Readingのpassageは覚えるぐらい繰り返しましょう。その際、設問を全て解き直す必要はありませんが、不正解だった問題とその根拠にあたる箇所については、何回でも聞き・読み直す必要があります。それと同時に新しい問題を解く必要もありますね。私は授業で4割を復習、6割を新規の問題を解く時間にあてています。解いた問題は着実に理解度を定着させるように、そしてそのスキルを活かしながら新しい問題を解く、というバランスを保ちながら学習しましょう。

ある程度理解できるようになってから次の問題を行う方法がおすすめ

甲南大学 津田信男先生 一概にどちらが良いかは学習者によって違います。個人的にはある程度理解できるようになってから次の問題を行う方法が色々なパターンの問題に出くわすことになります。この方法でやればかなりの量をこなすことになるので、違った学習体験ができて、より一層テストの傾向と対策となり、本番のテストの備えになると思います。

学習段階により調節を

明治大学 横川綾子先生 学習段階により、量と質のバランスは調節した方が良いでしょう。例えば、初学者でスコア60超えが目標であれば、解答プロセスをなぞったり、正解の根拠を英文やスクリプトから抽出したり、サンプルアンサーを暗唱したりタイピング筆写するなど、「質」を重視すべきです。受験経験が複数回あり、スコア80を目標にするような段階では、「量」をこなすことも大切です。いずれの場合も、問題を解くのは現在の実力を確認するだけ。復習することによって実力が付いていきます。

 


 

五十峰 聖先生 
桜美林大学 芸術文化学群 特任講師

ETS Authorized Propell® Facilitator
ETS TOEFL ITP® Teacher Development Workshop Facilitator

#五十峰聖先生

津田信男先生
甲南大学 名誉教授

ETS Authorized Propell® Facilitator

#津田信男先生

横川綾子先生
明治大学 国際連携機構 特任教授

ETS Authorized Propell® Facilitator
ETS TOEFL ITP® Teacher Development Workshop Facilitator

#横川綾子先生

 

 


上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。最新情報は関連のWebページよりご確認ください。


 

学習サポート・関連情報

★テスト受験までの8週間サポート★


初めてTOEFL iBT®テストを受験される方のうち、次の対象者には週1回✖️8週間 の受験支援メール配信とTOEFL iBT® Test Prep Plannerの無料配送を行っています。
対策塾などに通わず、独学で勉強されている皆さん、「TOEFL®テストの勉強は孤独・心配・不安…」と感じていませんか?
ETS Japanは、8週間サポートを通じて、学習計画の立て方や、勉強に必要な情報の探し方をお手伝いします。目標スコア獲得に向けて受験日まで一緒に進んでいきましょう!

 

★公式教材を利用して目標スコアを目指そう★


目標スコア別に公式教材を利用した学習法を教材ショップのスタッフがご提案。学習の目安や各教材ごとの学習方法など、ぜひ参考にしてください。

 

 

Performance Descriptors for the TOEFL iBT® test
各セクションは0~30のスコアで評価され、そのスコアに応じて4または5段階のレベルに分けられます。このレベルはTOEFL iBT®テストにおけるCEFR levelを反映しています。

toefl_speaking_rubrics

TOEFL iBT®テスト スコアガイド(Speaking)
Speakingセクションの採点基準です。上記の「Performance Descriptors for the TOEFL iBT®test」と併せてご活用ください。
SpeakingはETSが公表しているスコア基準表に沿って採点されます。採点基準はIndependent Task用・Integrated Task用にそれぞれ作成されており、Delivery(話し方)/Language Use(語彙の使い方)/Topic Development(トピックの展開)の大きく3つのポイントに分かれています。

TOEFL iBT Writing Section Scoring Guide TOEFL iBTテスト スコアガイド (Writing)

TOEFL iBT®テスト スコアガイド(Writing)
Writingセクションの採点基準です。上記の「Performance Descriptors for the TOEFL iBT® test」と併せてご活用ください。
Writingに関してもETSが公表しているスコア基準表に沿って採点されます。採点基準はIndependent Task用・Integrated Task用にそれぞれ作成されています。

TOEFL iBT®テスト/自宅受験TOEFL iBT®テスト「TOEFL iBT® Home Edition」
英語圏に限らず、世界の大学・大学院、その他機関で活用されています。また日本国内でも大学/大学院入試、単位認定、教員・公務員試験、国際機関の採用、自己研鑽、レベルチェック、生涯学習など活用の場は広がっています。

自宅受験TOEFL® Essentialsテスト 
2021年から自宅受験型の新しいテストとしてリリースされました。約90分の試験時間、短い即答式タスクが特徴のアダプティブ方式の導入されています。公式スコアとして留学や就活などにご利用いただけます。

TOEFL ITP®テスト
TOEFL ITP®テストプログラムは、学校・企業等でご実施いただける団体向けTOEFL®テストプログラムです。団体の都合に合わせて試験日、会場の設定を行うことができます。全国500以上の団体、約22万人以上の方々にご利用いただいています。

TOEFL®テスト公式オンラインショップ 
TOEFLテスト日本事務局が運営するオンラインショップです。日本で唯一TOEFL iBTテスト公式オンライン模試を販売しています。

 

TOEFL iBT®テストオンライン模試 TOEFL iBT® Complete Practice Test
最新情報をチェックしよう!