第82回《自宅/会場受験》TOEFL iBT®テスト体験レポート 高校教諭 S.Yさん

Print Friendly, PDF & Email

 

高校教諭
S.Yさん

【TOEFL iBT®テストスコア】2021年11月会場受験スコア11上昇!!
Total Score:80(Reading: 23、Listening: 18、Speaking: 18、Writing: 21)
2021年12月会場受験
Total Score:88(Reading: 25、Listening: 21、Speaking: 22、Writing: 20)
2021年12月TOEFL iBT® Home Edition/自宅受験
Total Score:91(Reading: 24、Listening: 19、Speaking: 25、Writing: 23)

【TOEFL®テスト以外の英語試験のスコア】
IELTS (Academic) 2021年10月
Total Score:7.5(Reading: 8.0、Listening: 7.5、Speaking: 7.0、Writing: 6.5)

 

 目次
 受験の目的・目標
 受験前の課題・弱み
 受験対策・努力したこと
 英語教員特別受験制度について
 受験後の感想・振り返り
 これから受験される方へのメッセージ

 

受験の目的・目標

学部生時代にイギリスに交換留学をしたこともあり、卒業生を送り出した後に大学院留学にチャレンジしたいという思いがずっとありました。当初はイギリスと歴史的に近い関係にあるオーストラリアへの留学を考えていましたが、新型コロナウイルスの影響で入国ができなくなってしまったため、入国可能であったアメリカの大学院留学を考えるようになりました。

個人的にイギリス英語に慣れていたため、2021年10月にIELTSを受験し、志望する大学院の要求するトータルスコアはクリアしましたが、スピーキングスコアのみ条件を満たしていない状況でした。スピーキングスコアにおいて、IELTSで8.0(TOEFL iBT®テストではスコア26~27相当[*1])またはTOEFL iBT®テストで24を取る必要があったので、TOEFL iBT®テストのほうがスコアの達成がしやすいのではないかと考え、受験をしました。

受験前の課題・弱み

以前、IELTSのスピーキングスコアでは7.5(TOEFL iBT®テストでは24相当)取れたことがあり、また普段から日常的に英語を使っていたのですが、TOEFL iBT®テスト特有の対策が必要であると感じました。メモの取り方やスピーチの構成、準備時間の使い方など情報が不足していたことが最大の弱みでした。

受験対策・努力したこと

TOEFL iBT®テストの受験を決意したのが11月上旬でしたが、出願の都合上1月までに結果を残さなければならない状況でしたので、時間が一番の問題でした。出勤前に30分から1時間、退勤後に2時間程度TOEFL iBT®テスト対策を毎日行いました。11月に初めて受験した時にはあまり勉強せず臨んだこともあり、スピーキングスコアが18と目標スコアに遠く及ばず悔しい思いもしましたが、「絶対にできる」と自分に言い聞かせて学習に励みました。

教材としては『ETS公認ガイドTOEFL iBT®第5版』のスピーキングの箇所を繰り返し行いました。また、以前から使用していたオンライン英会話にTOEFL iBT®テスト対策の教材があったため、そちらも活用しました。私は話がまとまらずに制限時間を超えてしまうことが多々あったため、常にタイマーを用いて時間を意識しました。また、録音をして自らのスピーキングを分析することも心掛けていました。

また、2021年12月にはETS Japanさんが教員対象の「TOEFL iBT®テストSpeaking & Writingスキルアップセミナー」を開催してくださったので参加しました。講師の先生に直接質問ができましたし、何よりも私と同じようにTOEFL iBT®テストのスコア向上を目指す先生方とお話ができたのが励みになりました。

英語教員特別受験制度について[*2]

学校に英語教員特別受験制度のお知らせが届いていたことから本制度を知り、私は3回利用しました。TOEFL iBT®テストの通常の受験料は245ドルであるのに対し、本制度を利用すると23,000円(当時)[*3]であったので大変ありがたかったです。手続きも煩雑なものではなく、スムーズに受験の申込みができました。

受験後の感想・振り返り

全体のこと

TOEFL iBT®テストではパソコンの画面を見ている時間がとても長いので、最初は目が疲れてしまうことが多かったです。リスニング後の休憩時間に甘いものを食べたり、目薬を差したりして対策をしました。また、3回目の受験では自宅受験をしたのですが、周囲の人や音に気を取られることがないので快適な環境で受験ができました。

 Reading

リズムよく解答することを心掛けました。私は最初の問題に時間をかけ過ぎてしまう傾向があり、後半の問題の解答が疎かになりがちでした。わからない問題を飛ばす勇気も必要に感じました。

 Listening

メモを取ることにこだわり過ぎず、全体として話者が何を言いたいのか理解することに努めましたが、なかなか20を超えることができませんでした。スピーキング同様、TOEFL iBT®テストとIELTSではリスニングの問題傾向がかなり異なり、向き不向きがあると思うので、どちらのテストを受験しようか悩んでいる方はスピーキングとリスニングのサンプル問題を解いてみることをお勧めします。

 Speaking

同じ問題を繰り返し解き、時間感覚を体で覚えたことがスコア向上に繋がったと思います。私は早口で話そうとすると突っかかってしまうことがよくあったので、少しゆっくりめのペースでまとまりのあることが制限時間内に言えるように訓練しました。また、模範解答の音源を何度も聞いて、良いところを真似するように努めました。

 Writing

基本的なことかもしれないですが、会場受験の時はキーボード配列がアメリカ式だったため少し大変でした。一方で自宅受験の時は使い慣れたキーボードを用いて受験することができたためタイピングも素早くでき、結果として時間にゆとりをもって解答することができました。

 

これから受験される方へのメッセージ

TOEFL iBT®テストやIELTSは私にとって難易度がとても高く、何度も心が折れそうになりました。その度に、留学先での自分の姿をイメージし、モチベーションを保ちながら学習に取り組みました思ったようなスコアが取れず悔しい思いもすることもあると思いますが、絶対に自分ならできると信じて突き進んでください。応援しています。

 

[*1]詳しくはComparing Scoresをご覧ください。
[*2]詳しくはTOEFL iBT®テスト特別受験制度をご覧ください。
[*3]英語教員特別受験制度の金額は為替レートの変動に伴い予告なく料金改定する場合がございます。詳しくはTOEFL iBT®テスト特別受験制度をご覧ください。

 TOEFL iBT®テスト特別受験制度

ETS Japanでは文部科学省より要請を受け、小学校の教員、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校及び高等専門学校の英語教員(常勤に限る)を対象にしたTOEFL iBT®テストの特別受験制度を設けています。ぜひご活用ください。
TOEFL iBT®テスト特別受験制度>>

 

 

 

みなさんから届いた「TOEFL iBT®テスト体験レポート」は下記をご覧ください。

 

 


上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。最新情報は関連のWebページよりご確認ください。


 

学習サポート・関連情報

★テスト受験までの8週間サポート★


初めてTOEFL iBT®テストを受験される方のうち、次の対象者には週1回✖️8週間 の受験支援メール配信とTOEFL iBT® Test Prep Plannerの無料配送を行っています。
対策塾などに通わず、独学で勉強されている皆さん、「TOEFL®テストの勉強は孤独・心配・不安…」と感じていませんか?
ETS Japanは、8週間サポートを通じて、学習計画の立て方や、勉強に必要な情報の探し方をお手伝いします。目標スコア獲得に向けて受験日まで一緒に進んでいきましょう!

 

★公式教材を利用して目標スコアを目指そう★


目標スコア別に公式教材を利用した学習法を教材ショップのスタッフがご提案。学習の目安や各教材ごとの学習方法など、ぜひ参考にしてください。

 

 

公式eラーニング教材 Official TOEFL iBT Prep Course Plus

TOEFL iBTテストオンライン模試 TOEFL iBT Complete Practice Test


 

Performance Descriptors for the TOEFL iBT® test
各セクションは0~30のスコアで評価され、そのスコアに応じて4または5段階のレベルに分けられます。このレベルはTOEFL iBT®テストにおけるCEFR levelを反映しています。

toefl_speaking_rubrics

TOEFL iBT®テスト スコアガイド(Speaking)
Speakingセクションの採点基準です。上記の「Performance Descriptors for the TOEFL iBT®test」と併せてご活用ください。
SpeakingはETSが公表しているスコア基準表に沿って採点されます。採点基準はIndependent Task用・Integrated Task用にそれぞれ作成されており、Delivery(話し方)/Language Use(語彙の使い方)/Topic Development(トピックの展開)の大きく3つのポイントに分かれています。

TOEFL iBT Writing Section Scoring Guide TOEFL iBTテスト スコアガイド (Writing)

TOEFL iBT®テスト スコアガイド(Writing)
Writingセクションの採点基準です。上記の「Performance Descriptors for the TOEFL iBT® test」と併せてご活用ください。
Writingに関してもETSが公表しているスコア基準表に沿って採点されます。採点基準はIndependent Task用・Integrated Task用にそれぞれ作成されています。

TOEFL iBT®テスト/自宅受験TOEFL iBT®テスト「TOEFL iBT® Home Edition」
英語圏に限らず、世界160か国以上、11,500以上の大学・大学院、その他機関で活用されています。また日本国内でも大学/大学院入試、単位認定、教員・公務員試験、国際機関の採用、自己研鑽、レベルチェック、生涯学習など活用の場は広がっています。

自宅受験TOEFL® Essentialsテスト 
2021年から自宅受験型の新しいテストとしてリリースされました。約90分の試験時間、短い即答式タスクが特徴のアダプティブ方式の導入されています。公式スコアとして留学や就活などにご利用いただけます。

TOEFL ITP®テスト
TOEFL ITP®テストプログラムは、学校・企業等でご実施いただける団体向けTOEFL®テストプログラムです。団体の都合に合わせて試験日、会場の設定を行うことができます。全国500以上の団体、約22万人以上の方々にご利用いただいています。

TOEFL®テスト公式オンラインショップ 
TOEFLテスト日本事務局が運営するオンラインショップです。日本で唯一TOEFL iBTテスト公式オンライン模試を販売しています。

 

TOEFL iBT®テストオンライン模試 TOEFL iBT® Complete Practice Test