第29回《ペーパー版》TOEFL ITP®テスト受験者の声 | 社会人 新村麻里恵さん

Print Friendly, PDF & Email

社会人
新村麻里恵さん

【TOEFL ITP®テストスコア】(ペーパー版)<Level 2
2020年2月 Total Score:480

 

 

 目次
 受験目的
 受験時の英語力
 受験時の課題
 受験対策
 受験後の感想
 これから受験される方へのメッセージ

 

受験目的

私がTOEFL®テストを受けた理由は、留学によって英語の4技能が伸びたかどうか、確かめるためでした。リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングの4技能はもともと日本でも集中的に学んでいたため平均より高かったのですが、留学に行ってからはどのように変化したのか数字で測りたかったからです。

 

受験時の英語力

私の受験時の英語力はTOEIC®テストではスコア550程度でした。英語の能力の他に、集中力が何よりの問題点でした。問題数が多いので、途中で他のことを考えたり眠くならないように、いつも対策を考えていました。

 

受験時の課題

受験時の課題は学術的なトピックに対応することでした。自然科学やエッセイは心情よりで感動的な文章が多いので眠くなりづらいです。説明文は科学的な分野なので、起承転結がなく、かなり眠くなります。

 

受験対策

私が実行している有効なTOEFLテスト受験対策は、2つあります。一つは、ニュースやラジオを毎日英語で読み聞きすることです。ラジオではNHKの他にドキュメンタリーや映画やドラマを、音声切り替えで英語にします。最初から最後まで全て英語にすることで、留学中と同じ環境を日本にいても作り出せます。お勧めのリスニングのソースは、米軍基地のラジオ番組であるイーグル810です。24時間ネイティブ向けの映画で放送しますされています。リスニングの場合は、聴きながらすぐにシャドーイングすることで、ネイティブと同じ発音を口の形で覚える事ができます。もう一つは、週に2回は過去問題を解くことです。過去問題は同じ文章は出題されませんが、問題の傾向はそのままなので、解き方や時間配分が分かるようになります。特に出題者は似たような問題を出す傾向があるので、3回分以上の過去問題を解いて満点を出せるようにしておくことは重要です。過去問題集を一冊買ったら、一冊分は満点を取れるようにしておくと高得点が狙えます。お勧めは過去問を10回分解き、満点が出るまで何度でも解くことです。ページが余っているノートなどを使い、間違えなくなるまで解くことは最も有効な対策です。

 

受験後の感想

TOEFL®テストは量が多く、受験するだけでもかなり神経をすり減らしました。ただ、やった分だけ得点になる、ということは事実です。イギリスへ留学する前はリスニング力がそれほどではありませんでしたが、6か月の滞在を経ると、4技能のうち、特にリスニングが飛躍的に伸びました。全てのリスニング問題において、理解できない問題がありませんでした。

 

これから受験される方へのメッセージ

私がこれからTOEFL®テストを受験される方にお伝えしたいことは、事前準備をしっかり進めておくことに尽きる、ということです。視野を広く持ち、英文でのニュース記事をよく読み、その量と同じだけフィクションやエッセイも英文で読むことを推奨します。リスニングは電子辞書の発音機能や、ラジオやドラマがよく使えます。ドラマや映画などの映像付きで学ぶことの利点は口の動きを読めることです。日本語には無い発音があるので要注意です。

 

)①TOEFL ITP®テストは、マークシートを使った多肢選択式のテストで、Level 1、Level 2の2つのレベルがあります。問題の内容はすべてアカデミックコンテンツ(学校で学ぶ際に出てくる内容やトピック)で構成されており、Level 1、Level 2とも3つのセクションに分かれています。
・Level 1(Listening Comprehension、Structure and Written Expression、Reading Comprehension)
・Level 2(Listening Comprehension、Structure and Written Expression、Reading and Vocabulary)
②TOEFL ITP®テストスコアは、各セクションの素点(=正当数)を換算表(非公開)で換算し、そのスコアの合計を10倍して3で割り、四捨五入して計算されたものが合計得点となっています。
詳細はTOEFL ITP®テストWebサイト「 テストの構成」をご確認ください。

 

 

みなさんから届いた「TOEFL ITP®テスト受験者の声」は下記をご覧ください。

 


 


上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。最新情報は関連のWebページよりご確認ください。


 

TOEFL ITP®テスト
TOEFL ITP®テストプログラムは、学校・企業等でご実施いただける団体向けTOEFL®テストプログラムです。団体の都合に合わせて試験日、会場、オンライン受験の設定を行うことができます。

TOEFL iBT®テスト/自宅受験TOEFL iBT®テスト「TOEFL iBT® Home Edition」
英語圏の大学・機関だけでなく、世界の大学・機関で、公式スコアとして留学や就活などに活用されています。コンピュータ上で受験し、スピーキングは回答音声をマイクを通して録音、ライティングはタイピングで回答します。

自宅受験TOEFL® Essentialsテスト 
2021年から自宅受験型の新しいテストとしてリリースされました。約90分の試験時間、短い即答式タスクが特徴のアダプティブ方式の導入されています。公式スコアとして留学や就活などにご利用いただけます。

TOEFL®テスト公式オンラインショップ 
TOEFLテスト日本事務局が運営するオンラインショップです。日本で唯一TOEFL iBTテスト公式オンライン模試を販売しています。

 

TOEFL iBT®テストオンライン模試 TOEFL iBT® Complete Practice Test

 

最新情報をチェックしよう!