CATEGORY

For Lifelong English

様々な世代の人々が様々な場で、生涯を通して何らかの形で英語にかかわって仕事をしています。英語は人それぞれ、その場その場で違います。このシリーズでは、英語を使って活躍する方にお話を聞き、その人の生活にどう英語が根付いているかを皆さんにご紹介し、英語の魅力、生涯にわたる楽しさをお伝えしていきます。英語はこんなに楽しいもの、英語は一生つきあえるもの。ぜひ英語を好きになってください。

  • 2022年7月20日

第159回 Machine Translation考(その2):Google Translation(GT)—新バージョンGoogle Neural Machine Translation (GMAT)のStrengths & Limitations

『第159回 Machine Translation考(その2):Google Translation(GT)—新バージョンGoogle Neural Machine Translation (GMAT)のStrengths & Limitations』と題し、慶応義塾大学名誉教授の鈴木佑治先生(Yuji Suzuki, Ph.D. Professor Emeritus, Keio University)にご寄稿いただきました。

  • 2021年4月20日

第151回 Yankees(ヤンキース)Dodgers(ドジャース)Cardinals(カージナルス)Inflectional Suffix(屈折接尾辞)-sの発音―日英両語の違い

『Yankees(ヤンキース)Dodgers(ドジャース)Cardinals(カージナルス) Inflectional Suffix(屈折接尾辞)-sの発音―日英両語の違い』と題し、慶応義塾大学名誉教授の鈴木佑治先生(Yuji Suzuki, Ph.D. Professor Emeritus, Keio University)にご寄稿いただきました。

  • 2021年3月20日

第150回 Loud TalkingによるCOVID-19拡散増をPhonetics(音声学)から観る:Stops(閉鎖音)、Fricatives(摩擦音)、Affricates(破擦音)のAspiration(気音)

『Loud TalkingによるCOVID-19拡散増をPhonetics(音声学)から観る:Stops(閉鎖音)、Fricatives(摩擦音)、Affricates(破擦音)のAspiration(気音)』と題し、慶応義塾大学名誉教授の鈴木佑治先生(Yuji Suzuki, Ph.D. Professor Emeritus, Keio University)にご寄稿いただきました。

  • 2021年2月20日

第149回 アメリカ留学 2021✓項目(2)Inquiry(Research)の方法論―Inductive Reasoning(帰納的推論)、Deductive Reasoning(演繹的推論)、Abductive Reasoning(仮説的推論)

『アメリカ留学 2021✓項目(2)Inquiry(Research)の方法論―Inductive Reasoning(帰納的推論)、Deductive Reasoning(演繹的推論)、Abductive Reasoning(仮説的推論)』と題し、慶応義塾大学名誉教授の鈴木佑治先生(Yuji Suzuki, Ph.D. Professor Emeritus, Keio University)にご寄稿いただきました。