第27回《デジタル版》TOEFL ITP®テスト受験者の声 駒澤大学 K.Yさん

Print Friendly, PDF & Email

駒澤大学
K.Yさん

【TOEFL ITP®テストスコア】(デジタル版)<Level 1
2021年11月 Total Score:487

(Listening: 50、Structure/Written Expression: 47、Reading: 49)

 

 目次
 受験目的
 受験時の英語力
 受験時の課題
 受験対策
 受験後の感想
 これから受験される方へのメッセージ

 

受験目的

私は学内で毎日40分の英会話レッスンを受講できるプログラムに参加し英語力向上を目指しています。一年弱、毎日ネイティブの先生と会話を重ねていく中で自分の能力を知る機会が欲しいと感じているときにTOEFL ITP®テストの存在を知り、受験を決めました。また、英語系の学部に所属しているため、大学の授業で取り上げられるようなトピックを用いているテスト形式にも魅力を感じました。

 

受験時の英語力

英語系の学部に所属していたり毎日ネイティブの先生と会話する機会があったりしたことからリスニング力には自信がありました。しかし高校時代に学んだ基礎的な文法などは忘れている部分があったうえに、熟語やイディオムへの苦手意識が強くセクション2(Structure/Written Expression)が自分の中で一番の課題でした。受験をするにあたって単語帳を開いてみると、大学受験時に頭に詰め込んだはずの単語も忘れているものが多く、勉強不足を痛感しました。

 

受験時の課題

単語力の欠如は自分にとってすごく大きい問題でした。長文読解では前後の文章からある程度意味を推測できても、語句問題では単語や熟語の一つ一つの意味を理解できていなければ解けない問題なども存在します。受験を決めてから本番まであまり時間はなかったのですが、空きコマや通学時間等を利用して一つでも多くの単語を頭に入れられるよう努めました。

 

受験対策

リスニング力には自信を持っていたものの、過去問を少し解いた段階でアクセントの違いに戸惑いました。TOEFL ITP®テストのリスニングセクションには様々なアクセントによる出題が見られます。普段アメリカ英語をよく耳にしていたため、ブリティッシュやオーストラリア訛りに即座に耳を対応させるのが難しく感じました。対策としてはBBCニュースを毎日聞いたりアジア圏の人によるスピーチやプレゼンテーションの動画を見たりすることで耳を慣れさせるようにしました。内容が難しく理解できなくても、独特の発音になれるという意味で効果的のある学習方法だったと思います。 

 

受験後の感想

現在の自分の英語力を測る指標としてとても効果的でした。受験を決意するまでは明確な目標を定めることなく学習を進めていたのですが、本番のテストではもちろん、それまで対策をしていく中で自分の得意な分野、強化するべき分野を発見することができたことがすごく大きかったです。今後も継続的に受験を重ね、スコアアップを狙っていきたいと考えています。 

 

これから受験される方へのメッセージ

毎日何時間も英語の勉強を継続することはとても難しいです。しかし、隙間時間に単語帳を開くよう習慣づけたり、一日5分BBCニュースを聞き流したりするだけでも確実に英語力は向上します。TOEFL ITP®テストは受験することでそんな日々の成長を感じつつ至らない点を細かく分析することができます。テスト内容もグローバル化に合わせて多様なアクセントがリスニング問題で出題されたり、長文問題のトピックは大学生に適したものであったりするため、学生生活において自身の成長を明確化したい同年代の方々にぜひ受験を勧めたいです。 

 

)①TOEFL ITP®テストは、マークシートを使った多肢選択式のテストで、Level 1、Level 2の2つのレベルがあります。問題の内容はすべてアカデミックコンテンツ(学校で学ぶ際に出てくる内容やトピック)で構成されており、Level 1、Level 2とも3つのセクションに分かれています。
・Level 1(Listening Comprehension、Structure and Written Expression、Reading Comprehension)
・Level 2(Listening Comprehension、Structure and Written Expression、Reading and Vocabulary)
②TOEFL ITP®テストスコアは、各セクションの素点(=正当数)を換算表(非公開)で換算し、そのスコアの合計を10倍して3で割り、四捨五入して計算されたものが合計得点となっています。
詳細はTOEFL ITP®テストWebサイト「 テストの構成」をご確認ください。

 

 

みなさんから届いた「TOEFL ITP®テスト受験者の声」は下記をご覧ください。

 

 

 


上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。最新情報は関連のWebページよりご確認ください。



TOEFL ITP®テスト
TOEFL ITP®テストプログラムは、学校・企業等でご実施いただける団体向けTOEFL®テストプログラムです。団体の都合に合わせて試験日、会場、オンライン受験の設定を行うことができます。

TOEFL iBT®テスト/自宅受験TOEFL iBT®テスト「TOEFL iBT® Home Edition」
英語圏の大学・機関だけでなく、世界の大学・機関で、公式スコアとして留学や就活などに活用されています。コンピュータ上で受験し、スピーキングは回答音声をマイクを通して録音、ライティングはタイピングで回答します。

自宅受験TOEFL® Essentialsテスト 
2021年から自宅受験型の新しいテストとしてリリースされました。約90分の試験時間、短い即答式タスクが特徴のアダプティブ方式の導入されています。公式スコアとして留学や就活などにご利用いただけます。

TOEFL®テスト公式オンラインショップ 
TOEFLテスト日本事務局が運営するオンラインショップです。日本で唯一TOEFL iBTテスト公式オンライン模試を販売しています。

 

TOEFL iBT®テストオンライン模試 TOEFL iBT® Complete Practice Test

 

最新情報をチェックしよう!